宇治茶手もみ製茶技術

住所 京都府宇治市宇治折居25番地2
電話番号 0774-23-7713(京都府茶業会議所)

この場所をGoogleで検索

ご紹介

手もみ製法は、1738年に宇治田原町の茶農だった永谷宗円が発案したもので、従来の茶に比べ色、香り、味ともに優良だったため全国に広まり、今日の宇治茶手もみ製法に発展しました。
その貴重な技は宇治市の無形文化財として宇治茶製法技術保存協会によって保存され受け継がれています。2001年には「京都府宇治茶製法手もみ技術保存会連絡会議」が結成され、「宇治茶手もみ製茶技術」の伝承・保存活動はさらに飛躍しました。2009年、こうした活動内容が京都府教育委員会から認められ、京都府指定無形民俗文化財に指定されました。