童仙房・高尾・田山・今山の茶畑(田山)

住所 京都府相楽郡南山城村田山

この場所をGoogleで検索

ご紹介

南山城地域は木津川水運を背景に、幕末から煎茶の輸出が盛んになり、これを契機として茶畑が広がりました。童仙房は標高500mの山間の平坦地に明治初期に開墾された集落で、水田と山なり茶園が対をなす素朴な景観が残っています。また、田山と高尾では珍しい縦畝の茶畑が斜面に広がる特徴的な景観を残し、昭和46年の高山ダム建設に伴い造成された今山では他の地区では見られない平坦な露地茶園が広がっています。