多賀の「森の茶園」

住所 京都府綴喜郡井手町多賀

この場所をGoogleで検索

ご紹介

多賀地域では、享保年間に奥山新田が開かれましたが、茶葉の需要拡大に応え茶畑を山奥まで広げ、その後の需給環形により茶生産から撤退する農家が出て多くが森に戻りましたが、森の中にあるからこそ良質な茶葉が生産される茶園のみが現在に残り、「森の茶園」となりました。この間に生産に求められた量から質への遷移を物語っています。