流れ橋と両岸上津屋・浜台の「浜茶」

住所 京都府八幡市上津屋宮前川端

この場所をGoogleで検索

ご紹介

「碾茶」栽培には砂地が向いていることから、木津川では川を挟んで両岸に茶畑が広がりました。時代劇のロケ地として有名な「流れ橋(上津屋橋)」がある地域は、左岸である八幡市と右岸の城陽市側がともに「上津屋」と呼ばれますが、昔は上津屋村として一つの共同体を形成し、一体となって茶栽培に取り組んできました。両岸は、今も「流れ橋」でつながり、密接な関係が続いています。