湯屋谷の茶畑、茶農家、茶問屋の街並み

住所 京都府綴喜郡宇治田原町湯屋谷

この場所をGoogleで検索

ご紹介

江戸時代中期に、江戸で大流行した煎茶。需要の増加に伴い、お茶にまつわる産業が発達しました。湯屋谷は谷深い地でありながら、石垣の上にそそり立つように茶農家や茶問屋が軒を連ねる特異な集落が形成され、今も当時の盛況ぶりを伝える木造3階建ての製茶場が残っています。