稲八妻医師茶園

住所 京都府相楽郡精華町北稲八間北垣外

この場所をGoogleで検索

ご紹介

栄西の「喫茶養生記」以来、茶は薬として重宝されていましたが、茶産地のこの地では、町医者が自宅に隣接して茶園を営み、茶葉を確保して、現在もその茶園跡が認められます。この医者は、豊臣秀吉に馬回りとして仕えた山中又左衛門丞氏清で、武士を捨て稲八妻に町医者として居を構え、近年まで代々町医者を営み、屋敷内に累代の墓石を有します。