白川地区の茶畑

住所 京都府宇治市白川
電話番号 0774-22-3141(宇治市歴史まちづくり推進課)

この場所をGoogleで検索

ご紹介

16世紀、宇治では千利休ら茶人の要望に応え、渋みを抑えた茶葉「碾茶(てんちゃ)」を作る覆下栽培(おおいしたさいばい)により、抹茶が作られました。「白川地区の茶畑」では、現在でも天然の葦を使った本簀栽培(ほんずさいばい)や寒冷紗(かんれいしゃ)栽培による覆下茶園群が広がり、同時に玉露(ぎょくろ)も作らています。